忍者ブログ
さぶ たんたん くう という三匹の犬の子のお話とミニチュア製作日記。時々雑記。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オペラ座の怪人の続編の・・・
現在ロンドンで公演中の、「ラブ・ネバー・ダイズ」がこの秋で、終了するらしい、と友人から聞きました。


ロンドンでもNYでも、とっても不評らしいのです。
そういえば、ロンドンで観たときも、空席が目立ってたかも?
個人的にはそこまでひどくないと思いましたけど。
偉大な前作と比較したら、それはもう駄作ですよ。ええ!
でも、あれはあれで結構面白かったですよ~?馬鹿馬鹿しくて。

まず、怪人を実業家にしちゃう発想が、笑える。
舞台は19世紀末のパリから、20世紀初頭のNYへ移行。
才能さえあれば誰でも成功できちゃうアメリカンドリームですから、こういう発想のもアリなのね!
怪人は若返って、顔もまったく醜くない(整形したのかも?)
それになんだか結構モテてる。
メグのショーは華やかで楽しいし、ファントムは、自信あふれる実業家で、やたらとセクシー。
映画でジェラルド・バトラーが演じたファントムがすきな人は、このファントム、結構気に入ると思います。

私が、受け入れがたかったのは、クリスティーヌとファントムが、完全に出来上がったカップルだったこと。
子どもができていたという時点でドン引き!やーめーてー!

クリスティーヌの外見がちょっとおばさん。
にもかかわらず、相変わらず何を考えているわからない。どういう人なのか今いちわかりづらく、魅力を感じない。ゆえにファントムがなぜ、この人にここまで入れあげるのか理解に苦しむ。。メグの方がいい!

ファントムのために尽くし、努力してショーを成功させてきたメグがまったく報われず、しかも最後は、クリスティーヌをあやまって殺しちゃうとこ!!(←ネタバレのため隠しました。読みたい人は反転してね)

ラウルが飲んだくれの、ダメオヤジになっていた。

マダムジリーが、韓国ドラマの悪役みたいで怖い。


おや?結構、ありますね。気に入らなかったところ。
音楽は良かったですよ。
しかしここで公演終了ということは、やはり四季ではやらないのでしょうか。残念!
PR
comments**
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 239 - 238 - 237 - 236 - 235 - 234 - 232 - 231 - 230 - 229 - 228
prev  top next
リンク
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
なつ
性別:
女性
自己紹介:
ミニチュアつくりとイラストを描いています。
製作に関係ない雑記も時々あるかも?

連絡先
homahomare3575⌘yahoo.co.jp ⌘→@
バーコード
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]